ごろごろごろうのなまけものブログ

気分変調症?だった作者がカウンセラーになって、人生行き詰まりの人たちをハッピーにするブログ

自信を持つこと ー コンサルタントの人生を楽しくするブログ

おお。みなさん、こんにちわ!!

お久しぶりでございます。

ごろごろごろうです。

生きてましたか?

ってこのブログを読んでいる時点で生きていますね!

なら良かった。

「人間生きてるだけで丸儲け」って偉大なるさんまさんが言ったらしいですが、昨今、池江璃花子選手とか、堀ちえみさんとかの病気報告を聞くに連れ、まじでそう思います。

生きてるだけでいいんです。生きていることに感謝するとか、そんなことは次の段階です。生きているだけで、それだけで存在価値がある。そこを噛み締めましょう。

 

で、表題の「自信」です。

自信ってなんでしょう。

僕なりに解釈すると、「自信」とは、「いちいち他人と比較しないこと」だと思います。「後輩に比べて、僕は本当にダメダメだ」とか、「弟(妹)があんなことできるのに、なんで私はできないんだろう」とか、日々、いろんな人と比較しません?

いや、比較しないんなら、今日の話はおしまい。ブログ閉じて、次に行ってください。あなたは大丈夫だから。

でも、比較してしまうあなた、どうして比較してしまうんでしょう。

それは、いろいろ理由があるけど、非常に簡単に言えば、自分の「軸」がないから、だと言えます。軸さえ手に入れれば、あるいは、自分の軸がきちんと発見できれば、「自分は自分、他人は他人」っていうふうに思えます。

自信って、そう言うことだと、僕は思います。

それは、決して、能力の問題ではない。

だから、「根拠」なんかないんです。

逆に根拠があるからと言って、真の自信を手に入れるわけではない。

例えば、〇〇大学卒業、とか、司法試験に受かっているとか、果ては会社での役職がどうたらとか、そんなの持っていても、決して自信なんかにつながらない。むしろ、上には上があるから、資格やら役職やらを手に入れても、ますます不安になるだけです。

でも、自分軸さえ手に入れれば、ほんとうの意味でも自信になり、他人と自分を比較するなんて愚かなことをしなくなる、と僕の経験が語ります。

 

ちなみに、ほんとうの意味で僕が自信を得たのは、つい半年前です。

 

いじょ。