ごろごろごろうのなまけものブログ

気分変調症の作者がカウンセラーとして独立開業するまでの奮闘日記

なまけものブログ -宮根さんとマツコさんの対談観て。少し、人生の意味について考える。

ネットカフェでテレビ見た。

 

新春特別対談と称して、宮根アナとマツコ・デラックスがガストを貸しきって対談していた。途中でミッツ・マングローブとYOUも加わり、マツコとは何かについて、幅広く話していた。ざっくばらんで、割と面白かった。

 

その中で、宮根さんがマツコさんに、テレビに出るきっかけ、テレビに出てから何を感じたのか、等々聞いていた。それは僕も知らなかったので、面白かったのだが、話の途中で、宮根さんがマツコさんに「仕事を続けるモティベーションはなんなん?」みたいなことを聞いていた。

 

しばし、マツコは考えていた。

 

で、出した答えが、

「あたし、人生で、いろんなこともしたし、いろんな人に出会ったけど、今ほど、あたしのことをこんなにも必要としている人たちがいたことない。こんなにも評価されたことがない。」

「だから、そういう人たちがいる限り、その人たちのためにがんばろう、って思うの」

 

ま、一言一句そういったかどうかは明確ではないが、とにかく、同じような意味の言葉を言った。

 

誤解を恐れず、ドストレートに感想を言えば、

「うらやましい」

と思った。

 

あああああ!わかってるわかってる、「何甘えたこと言ってんだよ!」だの、「マツコさんの苦労も知らずに!」だの、いろいろな批判は。

 

でもね、本来の仕事のモティベーションってそうあるべきだと思う。

お金とか、夢とか、そういうものではない。

 

「必要とされること」

 

これが、最大かつ最強の仕事のモティベーションじゃないかなぁ。

 

僕は50年以上、生きてきて、30年近く、仕事してきて、真の意味で「必要とされたこと」なんてない気がする。純粋に仕事上でね。

だから、40半ばでそういう、仕事に出会えたマツコさんはとてもうらやましいし、素直に「よかったね」って思う。

 

もう少し、僕ももがいてみるか。

あきらめずに。どこかに僕を必要としている人がいることを信じて。